シロアリ対策を行なおう【一戸建てにおけるリスクのひとつ】

初期のうちに対処する

作業員

黒い色に反応します

スズメバチは蜂の中でも特に攻撃性が強く、もしも刺された場合は重篤な症状となることもあります。それゆえ、スズメバチの巣を見つけたら近づかないことが大事ですし、できることなら駆除も行っておきたいところです。スズメバチの巣を駆除するタイミングも知っておきたいですが、まずできるだけ初期のうちに巣が小さいうちに行うことがおすすめです。まず、初期のうちはスズメバチの巣もまだ女王蜂だけで行っていることが多く、スズメバチの巣にはまだ女王蜂と幼虫しかいない可能性が高いと言えます。それゆえ、初期に駆除しておけば、多くのスズメバチに襲われるリスクはかなり低くなります。巣が小さいうちは刺されるリスクは少ないと言えますが、それでも油断せず、雨合羽や手袋、首を守るためのタオル、虫よけネットなどでできるだけ防御しておきましょう。そしていきなり巣を落としに行くのではなく、まずは離れた場所から殺虫剤を噴射します。スズメバチは黒い色に反応し、襲ってくる傾向にありますので、黒っぽい服装は避け白い帽子を被るなどの対策も行っておきたいところです。かなり巣が大きくなってしまった場合は自力での駆除は困難で危険も伴います。こうした場合は無理な作業を行うことは避け、専門の業者に依頼することがおすすめです。作業はできるだけ迅速に対応してくれる業者を選んでおきたいですので、スピード対応の業者であるかは良く確認しておきましょう。それから、駆除が終わるまではうかつに巣に近づかず、蜂を刺激しないようにしましょう。

Copyright© 2018 シロアリ対策を行なおう【一戸建てにおけるリスクのひとつ】 All Rights Reserved.