シロアリ対策を行なおう【一戸建てにおけるリスクのひとつ】

駆除の方法は2通り

男の人と女の人

被害の状況に合わせて

シロアリの対策を事前に行う前にはいくつかの点に注意しましょう。新築から5年以上経過している場合、もしくは前回の薬剤の散布から5年以上経過している場合です。その他にも地面に面している木材がある事や通気口や外壁にヒビがる場合、エアコンの室外機や雨どいの水が直接地面に流れている場合などになります。これらに1つでも当てはまっている場合には注意が必要で、シロアリの事前対策を業者に依頼する事を検討しましょう。業者が行っているサービスは外壁の隙間やひび割れなど被害の状況に合わせて危険度をチェックしてくれます。玄関に関しても危険度が高い箇所から重点的にチェックしてもえます。さらに、水回りを中心に家具の隙間や雨漏りの有無なども入念にチェックしてくれます。素人には難しい床下のチェックも行ってもえて、床下の気温の確認や基礎部分にシロアリの侵入跡がないかなどのチェックも行っています。もし、シロアリが侵入しているか不安な場合にはまず無料の診断を受けてみましょう。業者に連絡し、シロアリの無料診断の申し込みを伝えるとスムーズです。もしシロアリが見つかった場合でも専門の知識を持ったスタッフが駆除してくれます。駆除の方法は業者にもよりますが一般的に2種類になります。「ベイト工法」と「バリア工法」になります。ベイト工法はシロアリが好んで食べるベイト剤を専用の容器に入れシロアリの通り道に設置します。そして一度、巣に持ち帰らせてから巣ごと一気に駆除する方法です。

Copyright© 2018 シロアリ対策を行なおう【一戸建てにおけるリスクのひとつ】 All Rights Reserved.